解放トップ
トップに戻る
解放最新号
バックナンバー
論文
定期購読

東北関東大震災被災労働者人民支援大運動を

4・28 首都中枢で沖縄人民解放闘争の大爆発をかちとる〈東京〉 (1015号5面)

 恵比寿公園で集会

 4月28日、反戦・全学連が、東京・首都中枢で沖縄人民解放の闘いを貫徹した。同日・同時刻、沖縄では天皇上陸阻止沖縄青年実行委員会の仲間が、那覇市国際通りでのデモを闘いぬいた。新旧左翼勢力が沖縄デーの闘いを放棄して久しい。だが、わが解放派は、日本「本土」(東京)、沖縄を貫いて沖縄人民解放の闘いを戦闘的に貫徹したのだ。
 恵比寿公園では、日帝国家権力、右翼ファシストらによる闘争破壊を未然に防ぐべく防衛任務の同志たちがガードも固く体制を整える。山谷をはじめ結集してくる仲間を迎え入れ、正午になるとシュプレヒコールをあげ、集会が開始される。日本「本土」で沖縄人民解放闘争を闘う東京反戦の同志が集会の司会を務めた。司会の同志は「野田政府と米帝は来る日米首脳会談で名護市辺野古への新基地建設や普天間基地固定化など沖縄への基地政策強化をねらっている。また、沖縄「返還」40年をテコに反革命統合支配―同化攻撃に踏み込もうとしている。こうした攻撃をはねかえし、東京―沖縄を貫く4・28闘争を闘おう」と開会宣言した。まず集会の最初に、不当逮捕から4ヵ月半に及ぶ獄中闘争を続ける東京拘置所在監の築地署20号同志からの獄中アピールが紹介された。築地署20号同志は「日帝国家権力は、沖縄をはじめ全国で、革命的反戦闘争が爆発することに恐怖し、なりふり構わぬ弾圧を強めています。学生運動解体攻撃もその一環です。警察権力が前面に出て恫喝をかけて屈服と沈黙を強制しようというものです」「弾圧に屈せず、闘いぬくことでこそ『学生運動の沈滞』なる状況を一変できる。何としても早期出獄をかちとり、『戦時下の新たな革命的学生運動』を強固に作り上げる決意です」。獄中同志の連帯のメッセージに対し、全体が拍手で確認する。続いて、結集した団体の連帯あいさつだ。東京・山谷日雇労働組合は「本日、山谷からも多くの日雇いの仲間が決起している。寄せ場には沖縄から働きにきている仲間が多くいる。そうした沖縄出身の日雇い労働者とともに沖縄人民解放を闘っていく。『反戦・仕事よこせ』の闘いを闘い、政府、電力資本の原発政策を許さず闘っていく」と決意を明らかにした。次に、反安保労研全国センターの仲間は「沖縄の基地の強化、名護新基地建設を許さず、そして与那国島など南西諸島への自衛隊配備と闘う沖縄労働者人民と結びつき闘いぬいていく。野田連合政府は、福島第一原発の事故に居直り、関西電力・大飯原発の再稼働に突き進もうとしている。核武装のための原子力政策を粉砕し、再稼働を阻止していこう。階級的革命的全国センター建設にむけて全労交の結成をかちとっていこう」と訴えた。

全学連中央執行委員会が基調提起

 闘う基調を全学連中央執行委員会の同志が提起した。全学連の同志は4・28闘争の任務として四点にわたって提起した。第1は、「先日の『日米安保協議委』(2プラス2)で安保の深化、沖縄基地強化の共同文書を発表した。名護新基地建設と普天間基地固定化をねらっている。これを徹底的に弾劾し、明日の首相野田の訪米と日米首脳会談を阻止していこう」。第2は「沖縄労働者人民は、4・28―5・15を狹椶蠅汎いの日瓩箸靴董反戦・反安保の闘い、天皇制と日帝ヤマト政府への闘いを今日に至るまで貫いてきた。今日、拡大・激化する国際反革命戦争の出撃拠点として、日米安保の要として、〈基地・沖縄〉はますます強化されようとしている。沖縄では『新たな基地建設を許さない、すべての基地を撤去せよ』と日米政府を揺るがす反基地闘争が爆発している。沖縄人民解放闘争を日本「本土」―沖縄を貫く革命的共同の闘いとして飛躍・前進させ闘いぬこう」。第3に、「普天間基地解体・名護新基地建設阻止を闘いぬこう。野田連合政府は、名護市辺野古への米海兵隊基地建設に猛然と突撃している。『許可権限』を握る知事・仲井真への恫喝と屈服を引き出そうとしている。名護新基地建設への策動を絶対に許してはならない」。そして、第4は「朝鮮反革命戦争の危機と対決し革命的反戦闘争に決起しよう。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の『人工衛星打ち上げ』に日帝は、迎撃態勢を強化し、沖縄への迎撃ミサイル配備に踏みきった。朝鮮反革命戦争突撃への前線基地として自衛隊・沖縄基地の飛躍的強化をもねらった攻撃だ。普天間へのMV22オスプレイの七月前倒し配備、東村・高江でのヘリパッド工事の再開など現地の実力阻止の闘いと結びつき阻止していこう。自衛隊の与那国島配備を阻止していこう。〈沖縄ソヴィエト樹立を一環とした沖縄―日本「本土」を貫くソヴィエト権力樹立、プロレタリア解放―沖縄人民解放〉の旗幟を鮮明にして、闘いに決起しよう」。参加者は満場の拍手と力強い「ヨシ!」のかけ声で基調を受け止めていった。

決意表明ののち、戦闘的デモを貫徹

 続いて、結集した各団体の決意表明だ。革命的部落解放戦線の同志は、「第3次狭山再審請求から今年で丸6年を迎える。先日23日、10回目の『三者協議』が開かれた。一部証拠は開示されたが、検察はいまだに石川氏無実を示す証拠は隠し持ったままだ。東京高裁は請求棄却を虎視眈々とねらっている。石川氏の不退転の決意に応えていこう。一切の司法への幻想をぬぐい去り、狭山闘争の勝利をかちとっていこう。朝鮮反革命戦争突撃の中で、激増する差別事件、右翼ファシストの差別主義攻撃と対決し、差別徹底糾弾で闘っていこう」と呼びかけた。革命的「障害者」解放戦線の同志は、「4・1『障害者自立支援法』施行6ヵ年糾弾闘争を闘った。『障害者総合支援法』案が今国会にも提出され成立が狙われている。絶対に許してはならない。全障連が歴史的使命を終えた今、全障連の歴史的地平を継承し、『障害者』差別徹底糾弾を闘う全国障害者解放運動共闘会議の結成をかちとっていく。『障害者』への差別抹殺の攻撃を粉砕していこう」と決意を明らかにする。日朝連帯活動者会議の同志は、「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の『人工衛星』打ち上げを大陸弾道弾ミサイル発射と騒ぎたて、自衛隊を南西諸島に配備して、中国を牽制しつつ朝鮮反革命戦争の前線に自衛隊が立とうとしている。朝鮮反革命戦争の突入時は日本階級闘争の決戦の時だ。革命的反戦闘争の爆発で朝鮮反革命戦争を粉砕していかなければならない。韓国では労働者人民が、反戦闘争、工場占拠による『整理解雇撤回、非正規職撤廃』の闘いを闘いぬいている。李明博打倒闘争に決起する韓国労働者人民と連帯し闘っていこう。5・27日朝連帯集会への結集を」と呼びかけた。最後に、全国反戦の同志は「日・米帝に対する沖縄労働者人民の怒りは沸点に達している。国際反革命戦争を許してしまえば、労働者人民の虐殺がくり返されるだけだ。沖縄労働者人民の闘いと連帯し、ここ首都中枢から革命的反戦闘争ののろしをあげていこう。労働者人民への被曝を強制しながら原子力政策を推進する野田政府への怒りが高まっている。核武装のための原子力政策を粉砕していくため反戦・反核闘争の最先頭で闘いぬく。天皇主義右翼ファシストを撃滅していこう」と決意を明らかにした。
 いよいよデモに出発だ。恵比寿駅前から明治通りを進撃する青ヘルメットの部隊は、多くの労働者、市民が注目する中「安保粉砕、基地解体、沖縄解放」のコールをあげ、シュプレヒコールをこだまさせた。宣伝カーからは沿道の労働者人民、とりわけ、在「本土」沖縄労働者人民に向けて「日帝の反革命沖縄統合支配をうち破り、沖縄人民解放闘争の前進をかちとろう」「日米首脳会談を粉砕し、日米安保を葬り去ろう」「新たな基地建設を阻止し、米軍再編―自衛隊再編攻撃を粉砕しよう」「野田連合政府打倒・日帝国家権力解体へと起ち上がろう」と呼びかけが発せられた。デモは渋谷・神宮通公園まで終始戦闘的に闘われた。
 反戦・全学連と解放派は本闘争を闘った力で、沖縄への新基地建設を絶対に阻止し、普天間基地解体の決戦にむけ、闘いぬく。2012年は沖縄の問題をめぐって正念場となる。沖縄人民解放闘争の飛躍・前進にむけた決意と意思統一を固めて4・28闘争を集約した。