解放トップ
トップに戻る
解放最新号
バックナンバー
論文
定期購読

東北関東大震災被災労働者人民支援大運動を

ヤンマー争議
3・21ヤンマーミュージアム闘争、長浜市申入れ行動を闘う
(1055号1面)

 ヤンマーは創立100周年を記念して「ヤンマーの歴史と未来への取り組み」と称し、悪徳企業であるにもかかわらず、長浜市から「企業誘致助成金」(年額300万円余)をうけて「ヤンマーミュージアム」を建設した。創業者・山岡孫吉の「農業をもっと楽にしたいという想いがディーゼルエンジンの小型化に結実し、地域とともに100年に渡って歩み、社会に貢献してきた」との言葉を引用し、ヤンマーの歴史を自画自賛している。しかし、「非正規雇用」労働者や外国人労働者を低賃金・劣悪な労働条件で使い捨てにしてきた「負の歴史」、今もなおヤンマーの雇用責任を追及する稲森秀司氏(びわ湖ユニオン書記長)の闘いが頑強に続いていることについては「歴史」から抹消している。3月21日、「ヤンマーミュージアム」オープンを弾劾すべく「反戦・反失業を闘う釜ヶ崎労働者の会」は、ヤンマー争議当該・稲森秀司氏に連帯すべく闘いに決起した。

 ヤンマーミュージアム前では、私服刑事、ガードマンが敷地内にすでに配置されている。「びわ湖ユニオン」「ヤンマー闘争を支援する会」連名の「ヤンマーミュージアムは語らない 2009年「『非正規雇用』大量解雇」と題するビラが午前9時45分から支援者によって非常に少ない来館者に配布される。

 ミュージアム前の集会では、まず稲森氏が発言に起つ。「委員長・佐々木が、2月12日に肝臓ガンで逝去しました。入院中、ベッドに横になりながらも、命がつきる最後の最後まで携帯電話を握りしめ、労働相談を受けていました」「爛蝓璽泪鵝Ε轡腑奪瓩亮注減を口実に2009年2月15日、直接雇用に切り替えた『派遣社員』の半数以上に当たる250人をヤンマーは『雇い止め』にしました。しかし今、3・11震災特需によって400パーセントの経常利益を上げ、求人もおこなっています。そういった状況であるにも関わらず、ヤンマーは私を雇おうとはしません。佐々木の遺志を引きつぎこれからも闘ってまいります」。

 次に、「ヤンマー闘争を支援する会」、「平和と民主主義全国交歓会」、「関西合同労組」、「アルバイト派遣パート関西労働組合神戸事務所」の発言が続く。最後に、「釜ヶ崎労働者の会」は、「雨の日も雪の日も毎週水曜日、たった一人で稲森さんはヤンマー長浜工場の門前闘争を闘ってきました。私たちは、微力ながらも稲森さんと共に門前闘争、滋賀県労働委員会闘争を闘ってきました。これからも当該である稲森さんの求めることの実現へ向けて連帯して闘っていきます」。

 約1時間のヤンマーミュージアム抗議情宣を終え、すぐさま長浜市役所へと向かう。

 午前11時20分から商工振興課(商工労働部に当たる)で、稲森氏が中心となって長浜市を追及。「記 1、稲森さんの再雇用 2、ヤンマーに対する助成金や税金の減免措置に対する社会貢献(公益性)の実効性の審査と指導」と書かれた「ヤンマーの長浜市内における雇用の確保等を求める要請書」を提出。約30分の要請行動となった。商工振興課は、「調査した後に『ヤンマー闘争を支援する会』に電話で連絡する」というものであった。

 終了後、稲森氏は「多くの皆さんに来ていただき、本当にありがとうございます」「長浜工場の門前闘争では、繁華街から離れているという面があります。本日のヤンマーミュージアムや長浜市への闘いは、市民が多いということもあり、ヤンマーにとっては、非常に嫌だったと思います」「今後もご支援よろしくお願いします」と訴えた。

 闘う「非正規雇用」労働者と連帯し、「労働者派遣法」撤廃―「直接雇用」「無期限雇用」をかちとろう。「労働契約法」改悪―「有期労働契約」法制化攻撃を粉砕しよう。

3・26滋賀県労働委員会闘争に決起  

 稲森秀司氏は「3月21日のヤンマーミュージアム&長浜市役所抗議情宣と3月26日の労働委員会はヤンマー闘争の犂悒原瓩任△蠹該・佐々木の弔い合戦でもあります」と檄を発した。

 3月26日、ヤンマー争議の滋賀県労働委員会闘争が闘われた。釜ヶ崎労働者19人は、稲森氏の命をかけた闘いに連帯すべく結集した。当該を含め、総勢約30人の結集となった。

「企業には裁量権がありますのであなた方を雇うことはありませんよ」

 午後1時から第5回調査の後、午後1時30分から稲森氏の証人尋問が開始された。

 稲森氏の証人尋問では、2012年5月30日の団交でヤンマーの総務部長・西川が、「応募するのは勝手だが私たちは佐々木さん・稲盛さんを絶対に採用するつもりはないよ」「企業には裁量権がありますのであなた方を雇うことはありませんよ」と他のことは言わずに「裁量権があるので雇わない」ことを繰り返したことが明らかにされる。ハローワークを通じた求人募集では、稲森秀司という名前だけで求人先が求人を拒否していると思われることが、この四年間で数十回あったことが述べられる。

 2012年8月11日の人材派遣会社「クローバー」の取締役・姉崎との面接試験では、終始和やかなものであったこと、「クローバーとしての採用試験は合格」と言われたこと、「最終的な合否は(履歴書を送ったうえで)ヤンマーさんが決定しますが、当社としましてはヤンマーさんでの勤務経験があるので強く推薦することができます」「稲森さんはフォークリフトの資格もお持ちですので仮にヤンマーさんに断られた場合でも当社としましては、倉庫でのリフトを使ってのお仕事を紹介できると思います」「ヤンマーの夏季休暇は8月11日から19日です」と姉崎が言ったことが証言され、2012年8月24日、クローバーの「不採用通知」を受け取った後、不採用の理由を質問しても「お答えできません」の一点張りで、フォークリフトの仕事紹介すらなかったことが証言される。2010年度の夏頃、有料の求人サイトをつうじて電話で応募の意思を告げた時に相手方が、「ヤンマーさんのリクエストは滋賀県外の方でヤンマー社員寮に入居できる方がリクエスト内容なので稲森さんのように長浜市在住で、自宅からの通勤の方はヤンマーさんはお断りしています」と「ヤンマーの稲森氏への恐怖と憎悪の意思」が強く働いていることも明らかにされていく。

「企業には裁量権がある」と組合活動家を排除

 稲森氏は、「以上述べたことから明らかなように、労働者が働きたいという当たり前の要求が聞き入れられない、ヤンマーは先行の不当労働行為事件の調査において不当労働行為意思ではなく、爛蝓璽泪鵝Ε轡腑奪瓩砲茲觧澆爐砲笋泙譴覆せ態があったので、『雇い止め』をしたと主張し続けてきたのであれば前年度対比400パーセントもの増益になった2012年度止むにやまれない理由で『雇い止め』をした労働者が再雇用を求めて、団体交渉を行ない過去のことは不問にしてまでも新たな雇用を求めたことに対して『企業には裁量権がある』と言い、頑なまでに組合活動家を排除しようとするヤンマーの対応は明らかに不当労働行為であります。このように、連綿と続く不当労働行為意思に貫かれたヤンマーの企業体質を改善するためにも不当労働行為を認定し労働者の救済を求めたいと思います。私も亡くなった佐々木も『裁量権』を盾に採用拒否にあうような事象は一切行なっておらず、ヤンマー職場で働いているときにヤンマー社員から暴行(作業中後ろから蹴られた)を受けたにもかかわらず『正社員』は何の懲罰も受けなかった。ヤンマーは『非正規』の労働者に人権なぞないという企業体質を持ち、また、『非正規』の労働者が労働者として当たり前の権利『有給休暇の取得・同一労働の賃金格差の是正・労災発症時の労災の適用』を掲げて交渉したことに嫌悪感を持ち、頑なに排除しようとしていることは明白です。こういう、当たり前のことを当たり前にしてくださいということは、過度な要求ですか? 労働委員会は労働者の救済を目的とする機関であるならば、ヤンマーが労働組合活動家を排除していることを認定していただき速やかなる救済を求めます」と熱烈に訴えた。

 「クローバー」常務取締役・姉崎は、ヤンマーを恐れウソの証言に終始し、無様な姿をさらけ出しひんしゅくを買っていた。

 2・15東京総行動で稲森氏は「ヤンマーが誠心誠意使い捨てにしたことを謝罪するまで、命の限り闘い続けることを決意します」と戦闘宣言を行なっている。これからも「釜ヶ崎労働者の会」は、稲森氏の就労闘争に連帯し闘っていく。

 闘う「非正規雇用」労働者と連帯し、「労働者派遣法」撤廃―「直接雇用」「無期限雇用」をかちとれ。「労働契約法」改悪―「有期労働契約」法制化攻撃を粉砕せよ。