解放トップ
トップに戻る
解放最新号
バックナンバー
論文
定期購読

東北関東大震災被災労働者人民支援大運動を

10・24滋賀県労働委員会弾劾・ヤンマー弾劾行動が
闘われる
(1080号4面)

「第2次・滋賀県労働委員会」の7・31不当命令を弾劾する

 7月31日、「第2次・滋賀県労働委員会(第2次・救済申立)」は、ヤンマー争議当該・稲森秀司氏(びわ湖ユニオン書記長)に「申立組合(びわ湖ユニオン)の請求を棄却する」、「(びわ湖ユニオンは)ヤンマーの社内における組合ではなく、申立組合はヤンマーに請求する権利はない」とする不当命令を出した。稲森氏は、ヤンマーが稲森氏の組合活動を嫌悪して雇用しなかったことが、組合活動を理由にした不当労働行為、不利益取り扱いだということで、故佐々木真一郎氏(びわ湖ユニオン前委員長)とともに滋賀県労働委員会に不当労働行為救済を申し立てて闘ってきた。「第2次・滋賀県労働委員会」は、申し立て主体・「びわ湖ユニオン」には「請求する権利はない」として8月30日の命令・交付の予定が1ヵ月も早まり7月31日、門前払いの不当命令を打ち下ろしたのだ。徹底して弾劾しなければならない。

 今回の「第2次・滋賀県労働委員会」の不当命令の「特徴の第1点目」は、滋賀県労働委員会が「アルバイト・派遣・パート関西労組(アパケン)」が申立主体であった「第1次・滋賀県労働委員会(不当労働行為救済申立)」の蒸し返しと最初から決めてかかっていたことだ(第1次・労働委員会では、ヤンマーびいきの不当命令が下された。中労委に不服申し立てをしないというアパケン副代表・仲村の独断による妨害が入り、稲森氏は中労委で闘う機会を失う)。今回の「第2次・労働委員会(救済申立)」の中身は、第1次の「申立事案」とはまったく異なる。第1次の救済の「申立主体」は、「アパケン」であった(2009年2月15日に解雇されたアパケン組合員の雇い戻しの申し入れは受け入れなかったにもかかわらず、非組合員に対しては再雇用が行われた。これはアパケン組合員に対する不利益取扱であり、その行為に対する救済として現職復帰を求めた)。

 今回の「第2次・労働委員会」は、。横娃隠嫁5月30日の団体交渉で、「びわ湖ユニオン」(2011年3月19日に新たに起ち上げた)として、過去のことは不問(びわ工場での雇用にこだわらない)にしてまでも新たな雇用(自宅の長浜市から通える、ヤンマー関連企業への雇用)を求めてヤンマーに申し入れたことに対して、その席上で「ヤンマーには裁量権があるのであなた方(稲森氏、故佐々木氏)を雇用しない」と言ったことが、組合活動家排除を目的とした不当労働行為であること同年8月11日に、稲森氏が長浜市内の人材派遣会社「クローバー」の募集に応募した際に、ヤンマーから履歴書の提出が求められており、「クローバー」の社長面接の結果は「合格」だったが、ヤンマーの夏期休暇が終わった8月23日に「クローバー」から「不合格通知」を送られてきたのは、ヤンマーの圧力による明らかな組合活動家排除を目的とした、「労働者派遣法」違反=「労働者特定行為」であることの2点に対する救済申立てだった。「第2次・労働委員会」の救済の「申立主体」が「アパケン」ではなく「びわ湖ユニオン」であるにもかかわらず、「第2次・労働委員会」は「第1次・労働委員会」の「蒸し返し」として、救済すべき主体(びわ湖ユニオン)・内容がまったく別物であることを意図的に無視し、不当命令を打ち下ろしてきたのだ。

 「第2次・労働委員会」の不当命令の「第2点目の特徴」は、滋賀県労働委員会が「びわ湖ユニオンの組合員は、ヤンマーと労働契約を結んでいないので、救済すべき利益がない」と切り捨てた点である。ヤンマーですら不誠実とはいえ、びわ湖ユニオンの存在を認め、団体交渉に応じているにもかかわらず、ヤンマーでさえ主張していない内容で、滋賀県労働委員会がびわ湖ユニオンを嫌悪したとしか受け取れない不当な命令を下したということだ。

滋賀県庁前と滋賀県長浜ドーム前で弾劾行動

 労働委員会というのは、労働者の権利を守るべき機関だ。しかし、滋賀県労働委員会は使用者・ヤンマー資本の権益を擁護するための機関でしかないと言わざるを得ない。このようなことをどうして許せようか。

 10月24日、滋賀県労働委員会の不当命令を弾劾すべく、「反戦・反失業を闘う釜ヶ崎労働者の会」の仲間たちは、稲森秀司氏とともに滋賀県労働委員会弾劾のビラ情宣に決起した。午前9時、滋賀県労働委員会が入っている滋賀県庁前(大津)に稲森氏がハンドマイクで弾劾の発言に起つ。約1時間の弾劾のビラ情宣を貫徹し次の行動に移る。

 10月24日〜26日にかけて滋賀県長浜ドームで、「びわ湖環境ビジネスメッセ」が開催された。日本最大級の環境産業総合見本市という宣伝がなされ、ヤンマーを含む314企業が出展している(3日間で約3万5000人が来場したと発表されている)。「非正規雇用」労働者の首を平然と切りまくり資本の利益を最優先にしてきたあの悪名高きパナソニックも出展している。どんな催しなのかが透けて見えてくるというものだ。午後1時半から約1時間、ヤンマーに対する弾劾の情宣。

 ビラには『ヤンマー闘争の歌』(稲森氏作成のヤンボー、マーボー天気予報の替え歌。これがもとでキャラクターや歌が廃止となる)がある。「(1)♪僕の名前は偽装♪ 僕の名前は請負♪ 2人合わせてヤンマーだ 君と僕とでヤンマーだ♪ 業務の改善やりません 雇用の安定したくない♪ 期間社員も初回で首切り 儲けのためなら皆偽装♪ 小さなことから大きなことまで 誤魔化す力だヤンマーディーゼル♪」。また「ヤンマーは実は戦車などの製造事業の許可も持っている会社です!」と載っている。

 稲森氏が訴える。「2009年2月15日、ヤンマーは爛蝓璽泪鵝Ε轡腑奪瓩鰺由に502人もの労働者を解雇しました。この大量解雇の実態は、組合の抹殺にあったのです。私は、ヤンマーの行なってきた労働者に対する不当な扱いを絶対に許すことができません」「例えば、体調が悪くて病院に行くために申請した労働者がいました。職場の作業長は『とにかく出てこい』と会社に呼び出し、『会社に来たのであれば働いて帰れ』と強制的に仕事をさせました。この労働者はカゼをこじらせ一週間ちかくも休まざるを得なくなりました。なんとヤンマーは有給休暇ではなく無断欠勤扱いにしたのです。このようにヤンマーは『非正規雇用』労働者に対して非人道的行為を行なっています。このような事が許されるでしょうか」「3・11以降、未曽有の利益を上げているヤンマーに対して、私は職場復帰を求めて徹底的に闘ってまいります」と力強く訴える。

 連帯アピールが、マルアイ争議当該、関西合同労組、「釜ヶ崎労働者の会」、ユニオン自立労働組合京都から行なわれる。

 最後は、稲森氏によるシュプレヒコールだ。「ヤンマーは労働者の権利を認めろ」「不当な解雇を撤回しろ」「ヤンマーは謝罪しろ」「責任をとり労働者を雇用せよ」「『非正規雇用』労働者の雇用条件を見直せ」「われわれは闘うぞ」「団結するぞ」と長浜ドーム周囲に響き渡った。稲森氏は、長浜現地での就労闘争を積み重ねつつ、ヤンマー闘争勝利にむけた決意を新たにしている。稲森氏と連帯し、ヤンマー闘争勝利にむけともに闘おう。

 闘う「非正規雇用」労働者と連帯し、「労働者派遣法」撤廃―「直接雇用」「無期限雇用」をかちとろう。「有期労働契約」を固定化する改悪「労働契約法」を粉砕しよう。