解放トップ
トップに戻る
解放最新号
バックナンバー
論文
定期購読

東北関東大震災被災労働者人民支援大運動を

3・16 2014年春闘勝利総決起集会へ
全国労働組合運動交流会
(1089号7面)

 全国の働くなかまのみなさん。全国労働組合運動交流会(全労交)は、来る3月16日、東京・千駄ヶ谷区民会館において2014年春闘勝利総決起集会を開催します。

 「アベノミクス」を打ち出した安倍政府と資本家どもが爛妊侫豺酩瓩髻峭駝嬰課題」のように描き、2014年春闘を爛妊侫豺酩春闘瓩吠兌舛気擦茲Δ箸靴討い泙后爛妊侫豺酩瓩箸蓮∀働者にとっては失業と貧困と戦争を不可避にもたらす資本主義経済を防衛するという意味であり、労働運動がこんなものを「課題」にするのであれば労働運動の倏塰明觚性瓩鯣するに等しいと言わざるをえません。安倍の「世界で一番ビジネスのしやすい環境をつくる」という掛け声の下で強まる解雇―賃下げ―「非正規雇用」化攻撃を粉砕し、「大幅賃上げ」「生活できる賃金を出せ」を掲げた2014年春闘の勝利を共にかちとっていきましょう。闘う労働者の圧倒的な結集を呼びかけます。

 2013年12月20日、安倍が主催し、日本経団連などとともに「連合」が出席した「政労使会議」は、五回に及ぶ「会議」の成果として合意文書を発表しました。この「デフレ脱却にむけて政労使が一致して協力する」という合意文書をうけて、日本経団連は春闘に対する資本家側の基調である「経営労働政策委員会報告(経労委報告)」で、「企業に賃上げを呼びかける」なぞと言っています。しかし、爛妊侫豺酩瓩墨働者が協力することを前提条件にした「賃上げ」は、労働者を狡其眦枸讚瓩箸靴動貔源駛棆箸吠仕することを強制する犢況皚瓩紡召覆蠅泙擦鵝また、資本家が口にする「賃上げ」は円安で収益を上げる一部企業だけの話であり、それも2000万人近くにも拡大した「非正規雇用」労働者に低賃金を強制し、切り捨てることによって作り出した収益を猜け前瓩箸靴毒枴するものです。われわれは、労働者を分断し切り捨てた狎果瓩砲發箸鼎「賃上げ」は、労働者の生活と生存をかけた怒りと団結の力でかちとる「賃上げ」とはまったく別物であることをハッキリさせなければなりません。

 この「政労使会議」の合意文書ではさらに、「非正規雇用労働者の処遇改善に向けた取り組み」を打ち出しています。このタイトル自体が示すように、安倍政府、資本家、「連合」は一体となって「非正規雇用」を狹たり前瓩里發里砲掘◆崕莇改善」の名の下に「非正規雇用」労働者に犂覿箸要求する能力を身につけろ瓩範働者同士の競争と労働強化を強制し、さらなる「非正規雇用」の拡大を策動しているのです。また、安倍政府は1月中にも「労働者派遣法」の大改悪案を決定し、国会に上程することを目論んでいます。派遣労働を一時的なものとして規定した根幹をひっくり返し、資本家には無期限に派遣労働の使用を認め、労働者には3年ごとの失業を強制するという大改悪です。「アベノミクス」の下での「労働の規制緩和」攻撃はこれに止まらず、「限定正社員」と称する「非正規雇用」拡大、八時間労働制を解体して「残業代ゼロ」を当たり前にする爛曠錺ぅ肇ラー・エグゼンプション疇各、3月中に決定する「国家戦略特区」での「解雇の規制緩和」などの攻撃を矢継ぎ早に仕掛けようとしています。

 しかし、私たちはこれらの攻撃が、資本主義経済の最後的破綻に直面する安倍や資本家たちの狆任雖瓩頬ちたものであることをしっかり見ておかなければなりません。「アベノミクスで経済は好転している」というペテンは、4月からの消費税増税によって通用しなくなることは明白です。今、私たちが最も力を集中すべきは、「戦後労働運動」に害悪を及ぼしてきた「労使協調」「本工主義」「国益主義」を突破して闘う労働者の結集軸を建設することです。2012年6月に闘いを開始した全労交は、「戦後労働運動」の限界を突破するために、正念場に来たパナソニックやヤンマーの「非正規争議」に集中し、狒艦交潰し瓩鯀世辰秦艦交代表呼びかけ人・川村さんに対するサントリー資本による爛譽奪鼻Ε僉璽賢瓩搬亰茲掘◆峽が代」不起立を闘う教育労働者と共に闘い、すべての原発の廃止にむけて闘う労働者との合流を実現し、名護新基地建設阻止の現地攻防を闘いぬいてきました。

 2014年春闘を全力で闘うなかから、これらの闘いを何倍にも拡大し、「アベノミクス」への犂待瓩鯔開させる「連合」や全労連を突破して闘う労働者の一大奔流を作り上げていこうではありませんか。あらゆる産別、雇用形態の労働者が一堂に会し、2014年春闘の勝利にむけ、白熱した論議を交わし、闘う決意を打ち固めていきましょう。

〈編集部責任転載〉

2014年春闘勝利総決起集会

講演 「これからの『非正規』争議への教訓化のために」
    講師 吉岡力氏(パナソニックPDP争議当該)

日時 3月16日(日)午後1時30分〜
会場 東京・千駄ヶ谷区民会館 2階ホール
※ 交通:JR原宿駅 徒歩10分
    東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 徒歩8分
主催 全国労働組合運動交流会(全労交)
連絡先 東京・山谷日雇労働組合
    東京都台東区東浅草2−1−6
    電話03−3876−8040