解放トップ
トップに戻る
解放最新号
バックナンバー
論文
定期購読

東北関東大震災被災労働者人民支援大運動を

8・13〜15山谷・夏祭りの大成功をかちとる〈東京・山谷〉
(1115号5面)

「仕事よこせ!」の都交渉

 東京都特別就労対策事業では、城北労働・福祉センター(以下センター)を紹介窓口として出してきた仕事数が3年連続で削減されてきている。東京都産業労働局は、この特就予算の一部を使って、昨年10月から「継続就労支援事業」なるものを始めている。この「継続就労支援」は約2ヵ月の40日間、連続勤務が就労希望者に義務付けられている。そのため現金日払いの仕事を中心に、複数の業者を相手に仕事を見つけて働く大多数の山谷労働者は応募することもできない代物なのだ。

 東京・山谷日雇労働組合と山谷労働者は山谷・夏祭りの準備の過程でも、「仕事よこせ」の闘いを緩めることなく活動した。7月29日、東京都の福祉保健局生活福祉部山谷対策係、産業労働局雇用就業部就業推進課との団体交渉を闘いぬいたのだ。交渉では、―∀問題―仕事を増やせ、雇用保険未加入事業主への加入を義務付けろ、特就の仕事で出される弁当の質を改善しろ、▲札鵐拭爾留娠弔藩用に関して―就労希望者・援護希望者の切り捨てをやめろ、娯楽室を休日も開放しろと、要求書を突きつけて追及していった。

 一方、夏祭りの成功をかちとるべく、運営資金づくりのための活動を7月始めから開始した。街頭においては広く労働者人民にカンパを訴え、また設備・資材・車両・発電機など夏祭りで使用する物品の提供を、団体・個人に対して要請した。

 7月21日、8月10日には夏祭り実行委員会を開催し、2014年山谷・夏祭りの闘いの基調が確認され、本部・炊き出し班・設営班・企画ゲーム班・防衛班などの体制と任務分担の役割が決められ、夏祭りのプログラムが決定された。

 山谷・夏祭りへの支援の呼びかけに対して、全国の労働者人民から続々と資金・物資カンパが東京・山日労の事務所に集まってきた。また炊き出しの食材となる米・野菜、衣料品・日用品なども多数届けられた。

 そして行政や浅草警察、金町一家などによる山谷夏祭り破壊の攻撃を山谷労働者の団結の力ではねかえし、夏祭りの資材の一部については前倒しで運び入れを行ない、3日間の夏祭り本番へと突入していった。

玉姫公園で山谷夏祭り

 8月13日から15日の3日間、東京・山谷の玉姫公園で山谷・夏祭りの大成功をかちとった。お盆休みで現場・飯場が休みとなるこの時期、収入もなく、野宿を強いられる仲間が急増する。東京・山日労と山谷労働者は、山谷・玉姫公園を拠点に、アブレと野たれ死に攻撃をはねかえし、仲間の命は仲間の団結で守るべく夏祭りを今年もやりぬいた。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、大型公共工事の受注が今後5年間は継続するといわれている。また一般の建設投資の拡大も予想されて、ゼネコンや国土交通省などは2020年まで、労働力不足対策のために、外国人労働者の導入で乗り切りを図ろうとしている。またもや外国人労働者の使い捨てで建設資本は肥え太ろうとしているのだ。さらに急増する建設需要の最中、安全対策がズサンな結果、労災事故が多発している。今年上半期では建設業での労災事故による死亡者は159人となっており、建設資本の利潤追求のツケが労働者の犠牲によってあがなわれているのだ。

 建設業界での「労働力不足」状況とはほとんど関係なく、山谷ではデズラもあがらず、求人数はほとんどゼロという有様だ。上野職安・玉姫労働出張所(玉姫職安)では7月の民間求人件数はわずか85人分だけにすぎない。賃金の面でも、玉姫職安にトビ・土工の求人を出す一業者がこれまでのデズラ額、1日1万2500円をわずか500円あげたにすぎない。このように相変わらず恒常的なアブレ(失業)地獄が山谷労働者を襲っているのだ。学校など臨時の改修工事などの現場、また大雨・洪水に伴う災害復旧関連の土木作業など夏の時期に出てくる臨時の仕事でも、近年はそうした求人も寄せ場にはほとんど皆無となってきている。

全国寄せ場から連帯アピール

 初日となる8月13日、午前5時半、センター前には東京・山日労をはじめ夏祭り実行委員会の仲間が集合し、組合旗を先頭に、山谷通り、玉姫公園、玉姫職安にくり出した。「今日から始まる夏祭りに準備作業から参加しよう、『反戦・仕事よこせ』の前進をかちとろう」と呼びかけ、朝行動をやりきった。午前7時15分、再びセンター前に集結した夏祭り実行委員会の仲間は、隊列を整えながら夏祭り会場の玉姫公園グランドへと「わっしょい、わっしょい」と声を掛け合いながら移動する。グランド内に到着すると、簡単に朝の食事を済ませ、直ちに準備の作業を開始した。トビの仲間を中心とする設営班はステージの設営、ブルーシートの貼りつけ、屋台などの造作に取りかかった。物資運搬担当の仲間は、氷や食材、道具などの買い出し、引き取りにトラックを走らせた。炊事班は、炊き出しや屋台で使う道具を点検したり、鍋・釜などを丹念に洗って夕方からの炊き出しにむけて準備をすすめていった。実行委の仲間たちはフル回転で準備の作業をやりきった。予定時間よりも30分遅れたが、午後5時30分、グランド入口の門扉が開け放されると、外で待機していた大勢の仲間が会場内にドッと入ってくる。炊き出しのドンブリを受け取り、ゴザに腰を降ろして食事を取り始める。また、無料かき氷のコーナーには長い行列ができ、屋台販売の前にも人垣ができ始めた。今年から新たに始めた無料ウーロン茶割りは黒山の人だかりとなり、瞬く間にグランド会場内は参加者であふれかえった。

 午後6時、会場の正面のステージでは「3日間の夏祭りを通して仲間の団結をうち固め、この夏から秋へとおれたちの『反戦・仕事よこせ』の闘いを前進させていこう」と2014年夏祭りの開会宣言が発せられ、基調に続いて、沖縄・首里、福岡・築港、大阪・釜ヶ崎で闘う仲間からの連帯アピールが紹介される。

 8月12日に「団結交流会」を開催した沖縄・首里日雇労働組合は、「沖縄は今、名護新基地建設阻止の闘いが大きく燃え上がっています。陸上と海上を貫く激闘が連日繰り広げられています」「われわれは辺野古の現場に立ち、あらゆる方法で抵抗を続けます」「沖縄とヤマトのより強固な連帯をうち固め、安倍政府打倒に全力を尽くそう」。

 福岡・築港日雇労働組合は、「福岡市は、『アベノミクス』が掲げる『国家戦略特区』にいち早く飛びつき、『創業特区』なるものに選ばれた」「(だが)実際に増えるのは、『非正規雇用』の労働者と失業―野宿の労働者だけだ」。

 「反戦・反失業を闘う釜ヶ崎労働者の会」は、「なかまたちの闘いに連帯し、俺たちは、8月19日に『夏祭り上映集会』を開催します」「戦争へと突撃する安倍政府をうちたおそう! 俺たちがいきいきと生きていける社会をかちとっていこう!」。

支援の仲間の連帯あいさつ

 続いて、夏祭り実行委員会に結集する支援の仲間からの連帯あいさつを受ける。

 東京都地域連合労働組合は、「安倍政府は『非正規雇用』労働者の拡大、『残業代ゼロ』の労働法制の改悪など、労働者人民にあらゆる矛盾を押しつけようとしています」「私たちは『反戦、仕事よこせ』をかかげ闘いぬく全国の寄せ場労働者の闘いとガッチリと結びついて、安倍極右政府の戦争政策を許さず、闘っていきます」「山谷夏祭りはみなさんの団結で成功させて盛り上げていきましょう」。

 神奈川県地域連合労働組合は、「夏祭りを通して団結を強め、『反戦・仕事よこせ』の闘いに総決起していこう」「私たちも夏祭りの成功のために前日の準備段階から山谷に通い手伝いに駆けつけています」「国家権力による不当弾圧や右翼ファシストによるあらゆる敵対を粉砕していこう」。
 明治大学社会思想研究会は、「〈戦時下の新たな革命的学生運動〉を創出すべく闘ってきた。今後も一人でも多くの闘う明大生を山谷夏祭りや越冬闘争に結集させるべく、組織化していく」。

 また、今回も多くの食材を用意した地域の生協で闘う労働者が連帯あいさつにたち、その後、屋台販売などの支援の活動を担った。

 開会の集会を終え、恒例のゲームが始まる。8月13日は、ビール早飲み、綱引き競争、14日にはあいにくの雨でゲーム・カラオケは中止になったが、15日にはスイカ割りと綱引き競争がそれぞれ行なわれた。ゲームの後には、カラオケ大会で仲間が自慢のノドを披露する。ゲームの後には、13日は「山谷(やま) やられたらやりかえせ」の上映、14日には雨にもかかわらず、「山日労・軽音楽部」、「東京大衆歌謡楽団」が歌と演奏を披露し、15日には寸劇「人生、山あり谷あり」が演じられた。さらにその後は、盆踊りで締めくくりとなる。太鼓のパフォーマンスで華麗なバチさばきを見せる叩き手にあわせ、「山谷の玉三郎」が先頭で踊ると、その後には労働者が続々と踊りの輪に加わった。

 今年の夏祭りでは、雨となった14日も炊き出しをやりきり、3日間で約1000食分の炊き出しを仲間たちに提供した。今年の夏祭りでは、準備段階の前日から、例年よりも多くの山谷の労働者が実行委員会に結集した。そして、様々な作業を分担・協力しながら夏祭りの大成功へと導いていった。これから安倍極右政府による朝鮮反革命戦争突撃の攻撃で、もっとも虐げられている労働者への生活破壊が進行しようとしている。夏祭りでうち鍛えた団結を武器に安倍政府打倒に向け、「反戦・仕事よこせ」の大爆発を切り開いていかなければならない。