解放トップ
トップに戻る
解放最新号
バックナンバー
論文
定期購読

東北関東大震災被災労働者人民支援大運動を

2015年政治基調(1127号1面)

 翼賛国会粉砕 名護新基地建設阻止 原発再稼働絶対阻止
〈蜂起に連続する権力闘争の本格的飛躍〉〈蜂起の組織陣形の構築〉へ

中東反革命戦争粉砕 朝鮮反革命戦争粉砕
東北大・徳大の全国拠点化を 全労交の大躍進を
反革命革マル解体・絶滅 ファシスト撃滅 共産主義労働者党の確立を

はじめに

 2014年は、〈蜂起の組織陣形の構築〉に向けて、新たな試みに挑戦した年であった。東北大学、徳島大学の全国拠点化、全国労働組合運動交流会(全労交)の躍進、全国「障害者」解放運動共闘会議(全「障」共)の結成などである。しかしながら、対日帝武装闘争の歴史に新たな一ページを書き加えた革命軍による沖縄・名護新基地建設の海底ボーリング調査会社に対する革命的迫撃弾戦闘や沖縄での奮闘を除けば多くの試みは成功したとは言うことができない。2015年は、一定の調整期をくぐらねばならないであろう。とりわけ、争議当該の脱落―逃亡によるサントリー・SPS争議の敗北は重大だ。国家権力と資本の双方を増長させる決定的敗北だ。サントリー・SPS争議を全労交の中軸的な争議として取り組もうとしたことを含めて、これを痛苦に総括しなければならない。痛苦に総括しつつ、日本労働運動に喝を入れるような正義の闘いを、全労交の躍進としてなんとしても実現すべく闘い抜かねばならない。公務員労働運動、教育労働者運動、「非正規雇用」労働者の争議を頑強に闘い抜きながら、全労交の原点である寄せ場労働運動を強化しなければならないであろう。大阪市長・橋下の「西成特区構想」を粉砕する闘いに集中し闘い抜くことが必要だ。「維新の党」の橋下の「西成特区構想」にもとづく「センター縮小・移転計画」は、「西成区の活性化」の名の下、すでに開始している監視カメラ増設と一体となった「浄化運動」=寄せ場そのものの解体攻撃だ。

 米帝―帝国主義は、「イスラム国壊滅」を叫んだ新たな中東反革命戦争に突入しており、日・米・韓は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の喉もとで実戦的な軍事演習をくり返しており朝鮮反革命戦争突入の一触即発の危機はますます高まっている。衆院選の「圧勝」をうけて安倍極右政府は、「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」改定と反革命翼賛国会における「集団的自衛権行使」関連諸法、「共謀罪」新設をはじめとする治安弾圧諸法、「生涯非正規化」「残業代ゼロ化」「解雇自由化」の労働法制の大改悪を狙っており、沖縄・名護新基地建設をめぐる攻防と原発再稼働をめぐる攻防も、いよいよ決戦の時を迎えようとしている。調整期を、できる限り短期間で終らせ、まなじりを決して〈蜂起に連続する権力闘争の本格的飛躍〉〈蜂起の組織陣形の構築〉へと突き進まなければならない。


第犠蓮〇駛楴腟狙こΨ从僂隆躓,稜発と国際反革命戦争の拡大・激化

第蕎蓮。横娃隠看階級攻防の地平

第珪蓮‘帝足下労働者階級の戦略的任務

第絃蓮\こβ膓温嫁発情勢下、革命的労働運動の一大奔流の形成を

第江蓮。押11同志中原虐殺報復38ヵ年決戦に総力決起し反革命革マルを解体・絶滅せよ

第詐蓮〃萓錣裡横娃隠鞠攻防に決起し 政府打倒・日帝国家権力解体へ