解放トップ
トップに戻る
解放最新号
バックナンバー
論文
定期購読

東北関東大震災被災労働者人民支援大運動を

2・22 革労協中央政治集会に結集を(1128号1面)

2・11同志中原虐殺報復38ヵ年決戦の猛攻で反革命革マルを解体・絶滅せよ
〈蜂起に連続する権力闘争の本格的飛躍〉〈蜂起の組織陣形の構築〉を

招請状

(機

 革命的労働者協会(解放派)は、2月22日、東京において革労協中央政治集会を開催する。全国の内戦勢力は、革労協中央政治集会に総結集せよ。

 1977年2・11同志中原虐殺から38ヵ年をむかえた。革労協は、2015年を反革命革マル解体・絶滅の年とするべく2・11反革命への革命的報復戦に決起する。

 黒田革マルは、東アジアの切迫する情勢を「米・日―中・露対決」に集約して消し去ることで、朝鮮反革命戦争を否定し、安倍極右政府の反中国―反共・排外主義煽動に合流せんとしている。黒田革マルの敵前逃亡は、2012年9月、オスプレイ配備阻止闘争における全国動員学生革マル丸ごとの普天間基地の闘いの現場からの敵前逃亡にはじまり、キャンプ・シュワブにおける海上保安庁などの暴力的な取締りに対する、裁判提訴への逃げ込みに至っている。黒田革マルは、2014年「反革命通信」新年号で1面基調から「原発―核開発反対」の項目を消し去り、「大衆運動主義」の克服が最大の課題であり、「組織戦術」を適用した革マル「組織づくり」に一切を集約しろと強調し、「反ファシズム統一戦線」の形成を呼びかけてブルジョア議会と社会の防衛運動を組織し、そこに革マル組織を逃げ込ませようとしている。黒田革マルは、「合同労組」結成とその潮流の形成は「ハミダシ主義」だと批判し、「連合」への埋没を深めている。

 JR総連・松崎革マルは、JR資本への屈服を深め御用組合化することでの生き残りに必死である。JR東日本は、「グループ経営構想后糎造蠅覆前進へ」のもとでJR総連・東労組を御用組合化する攻勢を強めている。JR北海道の新役員体制は、事故対策と同時にJR総連・北鉄労との「労使結託」を解消し御用組合化をすすめるための人事である。JR貨物は、「新中期経済計画2016」をうちだし、JR貨物労働者への極限的な合理化と搾取で「黒字化」を実現する決意を表明している。JR総連傘下の各労組の松崎革マルは、それぞれの資本の要求に応じるべく合理化推進勢力と化して強権的な官僚統制による組合支配を強めようとしている。

 黒田革マル反革命中枢と敗残「特行」どもを革命的テロルで打倒し、敵前逃亡する脆弱学生革マル、「連合」に寄生する産別革マルを総せん滅する。「国鉄改革の継承」を合言葉にJR資本の合理化推進勢力となったJR総連・松崎革マルを総せん滅し、JR総連反革命労働運動を打倒する。

(供

 「リーマン・ショック」以降、米帝、日帝を筆頭に帝国主義各国は、「景気刺激」のための「金融緩和」と称して、こぞって大量の資金を市中に流し込んできた。この「緩和マネー」は、世界の各所で爛丱屮覘瓩鯣生させる以外には、何の効果ももたらさなかった。資本過剰―資本の蓄積条件の枯渇によって、その資金は実体経済には回りえず、「投機マネー」となって世界を駆け巡るよりほかはないからだ。しかし、爛丱屮覘瓩鷲ずはじける。資本主義世界経済は、爛丱屮覘瓩稜卜をくり返しながら大恐慌爆発の時を待つしかないのである。資本主義は、恐慌による価値破壊以外に、「資本の絶対的過剰」を解消する方策を持たない。世界大恐慌は、基軸通貨ドルの大暴落を合図に爆発するであろう。

 このことを百も承知の帝国主義は、部分的価値破壊効果も含めて、「体制攪乱要因」と革命勢力を根絶すべく先制的に国際反革命戦争の拡大・激化に撃って出ざるを得ない。米帝―帝国主義は、「イスラム国壊滅」を叫んだ新たな中東反革命戦争に突入している。日・米・韓は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の喉もとで実戦的な軍事演習をくり返しており朝鮮反革命戦争突入の一触即発の危機はますます高まっている。

(掘

 安倍極右政府は、ファシズムへの衝動を満開にしながら、戦時国家体制形成―朝鮮反革命戦争突入準備の最終段階に入っている。「アベノミクス解散」と称して本格的な戦争準備と労働者人民抑圧に関わる一切の政策を伏せた上で、総選挙を打って党と国会を固めてしまえば、少なくとも向こう4年間にわたってやりたい放題の国家改造ができる、改憲まで明確に射程圏内に入れることができるとばかりに、一気に改憲にまで突き進む気だ。総選挙の「圧勝」は、これに一気に拍車をかけるものとなった。日本階級闘争は歴史的な正念場に突入した。

 〈蜂起に連続する権力闘争の本格的飛躍〉〈蜂起の組織陣形の構築〉を。
 中東反革命戦争粉砕。朝鮮反革命戦争粉砕。日米安保粉砕。安倍極右政府打倒。
 翼賛国会粉砕。名護新基地建設阻止。原発再稼働絶対阻止。
 東北大、徳島大の全国拠点化を。全国労働組合運動交流会(全労交)の大躍進を。
 反革命革マル解体・絶滅。ファシスト撃滅。
 反革命弾圧粉砕し、共産主義労働者党の確立を。

 世界に渦まく怒りと闘いのスターリン主義的・社民的集約、そして宗教的集約を突破し、革命的マルクス主義=共産主義の旗を世界的・大衆的に復権し、労働者階級の武装せる闘いの発展と世界的団結とをもって、プロレタリア世界革命の勝利へと向う階級的革命的決起の奔流を切り拓くべく、全国の内戦勢力は、2月22日、革労協中央政治集会に総決起せよ。


革労協中央政治集会

日時 2月22日(日)正午
場所 東京・池上会館
      (大田区池上1―32―8、東急池上線・池上駅下車徒歩7分)
基調 革命的労働者協会