解放トップ
トップに戻る
解放最新号
バックナンバー
論文
定期購読

東北関東大震災被災労働者人民支援大運動を

2017年政治基調(1209号1面)

 2・23反革命弾圧を正面突破し
対日帝武装闘争の本格的飛躍をかちとれ

中東反革命戦争粉砕 朝鮮反革命戦争粉砕 日米安保粉砕 安倍極右政府打倒
全学連第55回定期全国大会の成功を ゼネストを展望する階級的革命的全国統一センター建設を
反革命革マル解体・絶滅 ファシスト撃滅 共産主義労働者党の確立を

はじめに

 2016年2月23日、警視庁公安は、「米軍横田基地で、2013年に発生したゲリラ事件」の件で、家宅捜索し「6人を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した」と発表した。これをうけて、ブルジョアマスコミは、「過激派でテロやゲリラ実行を担うとされる非公然組織・『革命軍』のアジトを家宅捜索」なぞと騒ぎまくった。その後、検察は、あまりのデッチ上げ性故に「公務執行妨害」容疑では、起訴に持ち込めず4人を釈放し、2人を「偽造有印公文書行使、有印私文書偽造・同行使、詐欺」容疑で再逮捕し、起訴した。2人のうち1人に対しては、すでに、「懲役3年、執行猶予5年」の判決が打ち下されている。革命軍は、こうした反革命弾圧に対しては、これまでそうしてきたように、必ず報復するであろう。闘う労働者人民あるかぎり、革命軍は永遠に不滅である。

 米大統領選で、ドナルド・トランプが次期大統領に選出された。トランプは、「われわれの計画は、米国が最優先となり、グローバリズムではなく、アメリカニズムが信条となる」と宣言して保護貿易主義を主張し、「1130万人の不法移民の追放」「イスラム教徒の入国の一時禁止」を叫んで排外主義政策を掲げている。戦後世界体制の今後の成り行きについての猊堝明感瓩拡がっているが、トランプが何をほざこうとも、資本主義世界経済は、通貨切り下げ競争から基軸通貨・ドルの大崩落をもって表われるであろう世界大恐慌の爆発から決して逃れることができない以上、帝国主義は、世界大恐慌爆発以前に、革命勢力と体制攪乱要因の根絶を狙った国際反革命戦争を、ますます拡大・激化させていくであろうことは確実である。

 〈蜂起に連続する権力闘争の本格的飛躍〉〈蜂起の組織陣形の構築〉を、ますます急がなければならない。2・23反革命弾圧の正面突破を成し切り、対日帝武装闘争の本格的飛躍をやり遂げねばならない。2017年の全学連第55回定期全国大会の成功に向けて、その戦闘性、先駆性を遺憾無く発揮し階級闘争の突撃的推進力としての役割を果たしうる〈戦時下の新たな革命的学生運動〉を確立しなければならない。全国労働組合運動交流会(全労交)の飛躍を実現し、ゼネストを展望する階級的革命的全国統一センター建設を急がなければならない。



第犠蓮\こβ膓温嫁発情勢の深化と国際反革命戦争の拡大・激化

第蕎蓮。横娃隠暁階級攻防の地平

第珪蓮‘帝足下労働者階級の戦略的任務

第絃蓮\こβ膓温嫁発情勢下、革命的労働運動の一大奔流の形成を

第江蓮。押11同志中原虐殺報復40ヵ年決戦に総決起し反革命革マルを解体・絶滅せよ

第詐蓮 卷起の組織陣形構築〉に向け、党―統一戦線ー共同戦線建設の飛躍をかちとれ

第讃蓮〃萓錣裡横娃隠掲攻防に決起し 政府打倒・日帝国家権力解体へ